学習塾向けのITシステムまで提供!新潟発の個別指導塾「森塾」を展開する「スプリックス」が新規上場

今回は、新たに上場が発表された教育企業「スプリックス」についてまとめたいと思います。


スプリックスは1997年1月に設立され、新潟県長岡市で個別指導塾「森塾」を開校。

2003年3月には読書教育プログラム「グリムスクール」のサービスを開始し、2004年12月には学習教材「フォレスタ」シリーズを販売開始。

2006年3月には学習塾マネジメント用システム「フォレスタデータベース」の販売を開始。

2006年10月には東京で「東京カルチャーヴィレッジ(現・東京ダンスヴィレッジ)」を開校。

2012年には中国語検定「HSK」シリーズの出版も開始しています。


このように、学習塾の販売だけでなく、教材やITシステムまで手がけてきたのがスプリックスという会社です。


過去5年間の業績推移を見てみましょう。

2017/9期の売上は85億円と、4年前と比べて2倍近くに拡大。

また、経常利益率は13.7%と、ここ5年で大きく改善しています。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

恐るべし”アメーバ経営”!6年で売上約2倍の「京進」

恐るべし”アメーバ経営”!6年で売上約2倍の「京進」

みなさん、”アメーバ経営”をご存知ですか?

今回は、京セラ名誉会長 稲盛和夫が考案した経営管理手法を教育業界で実践した、京都を拠点に学習塾を展開する「京進」(証券コード:4735)を取り上げました。

大幅な転換に挑戦しているベネッセグループの事業モデル

国内の教育業界トップ企業であるベネッセについて調べる。