お掃除ロボット「Roomba」を作るiRobot社の成長ポテンシャルについて考える

今日は、お掃除ロボット「ルンバ」「ブラーバ」などを作っているアメリカのiRobot社について調べます。

会社ホームページより)

この二つの製品、特に「ルンバ」の方はもうかなり有名な存在となりましたが、それを作っているiRobotとは一体どんな会社なのでしょうか。

iRobot社の歴史

iRobot社の歴史は古く、1990年にMITのロボット工学者であったコリン・アングル、ヘレン・グレイナー、ロドニー・ブルークスらによって設立されました。

1991年には宇宙探検ロボット「Genghis™」を開発。わりと怖い感じです。

1996年には地雷除去ロボット「Ariel™」も開発するなど、人間が踏み込めない場所のためにロボットを使う、というのが中心だったようです。

1998年には「PackBot®」を開発。これはDARPA(アメリカ国防高等研究計画局)との契約を勝ち取ります。

PackBotは、2001年の同時多発テロの際には、救命ミッションで活躍したそうです。


お掃除ロボット「Roomba」が最初に発表されたのは2002年のこと。

2005年に上場を果たし、そこから常に革新を続けることで事業を成長させてきました。

Roombaの成功以来、「Dirt Dog®(店舗お掃除ロボ)」「Looj®(側溝お掃除ロボ)」「Verro®(プールお掃除ロボ)」など、お掃除ロボット開発を進めていきます。

Braavaが出たのは2016年なので、かなり最近ですね。

iRobotの業績

iRobot社の2001年以来の業績を見てみます。

売上高は右肩上がりに伸び、2016年には6.6億ドルに達しています。

営業利益は5755万ドルと言うことで利益率はあまり高くないですね。

利益率についてもみてみます。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン