18/3期の売上2,000億円を突破し、4年で営業利益5倍に!製菓業界4位「森永製菓」に何が起きているのか

今回は製菓大手の森永製菓(2201)について取り上げます。

業績は急拡大、売上は2,000億円超、「菓子食品部門」が事業の中心

さっそく、森永製菓の業績について見てみましょう。


売上高は14/3期の1,646億円から18/3期には2,050億円に拡大。

営業利益は拡大がさらに顕著で、14/3期の39億円から18/3期には約5倍の198億円まで拡大しました。


18/3期の売上2,050億円の内訳をみていきましょう。

食料品製造が売上の大半を占める主力事業であることが分かりますね。


続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

前年同期比-12.1%減収「B-R サーティワン アイスクリーム」2019年12月期1Q決算

前年同期比-12.1%減収「B-R サーティワン アイスクリーム」2019年12月期1Q決算

注目企業

国内最大級のアイスクリーム店を経営する「B-R サーティワン アイスクリーム」(証券コード:2268)が決算を発表しました。

累計400億食を超えたカップヌードルの生みの親「日清食品HD」

累計400億食を超えたカップヌードルの生みの親「日清食品HD」

注目企業

NHKの朝ドラ「まんぷく」登場人物のモデルにもなった安藤百福氏。カップヌードルの生みの親でもある安藤氏は「日清食品HD」(証券コード:2897)を創業しました。2016年にはカップヌードル販売から45周年を迎えました。

1948年に創業し、チキンラーメン60周年を迎えた「日清食品HD」