1991年創業!通信と人材など多方面でフィリピンと日本の橋渡しを行う「アイ・ピー・エス」が新規上場

今回は、新規上場が発表された「アイ・ピー・エス(4590)」についてまとめたいと思います。

会社ホームページ

1991年10月に海外人材を日本に紹介することを目的に設立。

当初より国際電話の代理店事業をスタートし、1992年2月には国際デジタル通信株式会社(現・ソフトバンク)の代理店に。

1996年5月には在日フィリピン人を対象としたタガログ新聞「ピノイ・ガゼット」を創刊。


2005年3月には在日フィリピン人向け有料衛星放送サービス「アクセスTV」を開始。

2010年には品川美容整形外科との合弁会社「Shinagawa Lasik & Aesthetics Center Corporation」をフィリピンに設立。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン