アメフトから始まったスポーツアパレルの新興「アンダーアーマー」はなぜ赤字になってしまったのか?

今回は、アメリカのスポーツ・アパレル企業「アンダーアーマー」についてまとめてみたいと思います。

創業者のKevin Plank氏は1972年生まれ(現在45歳)で、アメリカのメリーランド州出身。


メリーランド州はアメリカ大陸の東側で、ワシントンDCやボルチモアの近くにあります。

父親のWilliam氏は地域の高名な不動産デベロッパーで、母親のJayne氏はケンジントン市長を務めるなど、地方都市とはいえ、生まれはかなり良かったようです。

Plank氏は子供の頃からアメフトをして育ち、アメフトのトップ大学からの誘いを期待するも得られず。

地元のメリーランド大学に進学すると、アメフトチームでプレーしつつも自分で事業を始めます。その中の一つである「バレンタインデーにバラを宅配する(Cupid’s Valentine)」という商売で1.7万ドルを稼ぎ、そのお金がアンダーアーマーの創業資金となりました。

アンダーアーマーといえばピタピタシャツがトレードマークですが、そのアイデアが生まれたのはPlank氏が「フットボール場で最も汗っかき」と言われるほどに汗っかきだったから。

綿素材のシャツでは汗で試合中に何度も着替えなくてはならないため、吸水性と速乾性を兼ね備えた理想の素材を探します。


1996年に大学を卒業すると、23歳のPlank氏は見つけた素材を使ってプロトタイプを作ります。

かつてのチームメイトに試してもらい、彼らの一部がプロ選手になると他のプレイヤーにも使ってもらうよう以来。

地道な販促活動の結果、1年目には1.7万ドルの売上をあげたそうです。

1999年にはオリバー・ストーン監督、アル・パチーノ主演のアメフト映画「Any Given Sunday」に製品を提供。

その年、アメリカで最も話題になった映画に使われたことで一気に認知度が高まります。

勢いがきていると感じたPlank氏は、有名スポーツ雑誌『ESPN』に2.5万ドルもの広告を出稿。

当時のアンダーアーマーにとっては大きな賭けでしたが、その結果として売上は75万ドル増加。(Plank氏はこの時、はじめて自分に給料を支払ったそうです)

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン