創業者はゴールドマンサックス出身!保有駐車場の地域ドミナント戦略で100年企業をめざす「パラカ」

今回は、コインパーキングの開発・運営を行う「パラカ」についてまとめます。


社長の内藤亨氏は1979年に広島大学を卒業し、野村證券に入社します。

その後、1988年にゴールドマンサックスへ活躍の場を移しました。

そこで経験した日本経済のバブル崩壊、相次ぐ金融機関や大会社の破たん。

「存続し続け得る会社でありたい」という思いを原点に、1997年にパラカを創業しました。


社名には次のように2つの意味が込められています。

『クルマのために、駐車場がここにある』快適なクルマ社会を実現しようというビジョンのもとで、コインパーキングの開発・運営をスタートしました。


続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン