SNS有料課金数が1億4,700万!動画サービスの拡大が成長を牽引する「テンセント」2018年Q1決算

中国の巨大インターネット企業、テンセント・ホールディングスの2018年Q1決算についてまとめます。

まずは四半期売上の推移から。

右肩上がりの増収を続け、全体売上は735億元(1.27兆円)に達しています。

そのうち最も大きいのはオンラインゲームで、288億元(4876億円)。続いてソーシャルネットワークの有料課金が181億元(3133億円)の売上をあげています。


各売上の前年からの成長率も見てみましょう。

すべて重ねると具体的な数値がわかりづらいですが、「その他(Others)」売上が前年比2倍以上の非常に高い成長率を続けています。

その他売上では、Weixin(Wechat)Payによる決済サービスや、その他の金融サービス、クラウドサービスが成長を牽引しています。


続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン