売上が100億円を突破!主要3カテゴリで成長を続けるインターネット企業「じげん」2018年3月期決算

今回は、急成長を続けるインターネット企業「じげん」の2018年3月期決算についてまとめたいと思います。

まずは、全体業績の推移を見てみましょう。

2018年3月期の売上高は102億6700万円(前年+36.3%)、営業利益は33億2600万円(同+34.2%)。ついに売上100億円の壁を突破しています。


続いて、四半期売上の推移をみてみましょう。

人材領域の売上が19億3000万円、不動産が5億6500万円、生活領域が3億5800万円の売上をあげています。

割合の変化を見ると、人材領域の比率が減少傾向にあり、80%近くあったのが67%にまで比率として低下しています。

不動産領域は20%前後で、3Q'16以降はほぼ同じくらいの割合ですが、生活領域の比率が12.5%と拡大しています。


事業KPIとその状況

じげんは、自社の売上を左右するKPIを次のように説明しています。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン