【新規上場】全国の印刷会社をネットワーク化!非稼働時間の利活用で業界を刷新する「ラクスル」

IPO

昨日、新規上場が発表された「ラクスル」についてまとめたいと思います。

2009年9月1日に設立され、2010年4月に印刷通販の価格比較サイト『印刷比較.com』をスタート。すぐに印刷に関するwebメディアとしては最大手となります。

しかし、ほどなくして自ら印刷サービスを提供するEコマースサイトへの転身を決定。

2013年3月に印刷ECサービスを開始しています。


2014年7月にはテレビコマーシャルを開始したり、総額40億円もの資金調達を行うなど、事業を急拡大。

2015年12月には物流マッチングサービス『ハコベル』も開始しています。


過去5年間の業績推移を見てみましょう。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

通期売上170億円に上方修正!テレビCM販売が伸びる「ラクスル」3Q19決算

通期売上170億円に上方修正!テレビCM販売が伸びる「ラクスル」3Q19決算

印刷ECから運送プラットフォーム『ハコベル』まで提供する「ラクスル」(証券コード:4384)が2019年7月期3Q決算を発表しました。(決算説明資料

ラクスルは3Q決算発表に先駆けて、通期業績予想を上方修正