【保存版】FacebookからZOZOTOWNまで!押さえておきたいインターネット企業の重要KPI11選

たまにはこういうまとめも良いのではないかということで、今回は「インターネット企業の重要な事業KPI」を集めてみたいと思います。

何を持って「重要」とするかは難しいですが、独断と偏見によると、現在のインターネット企業の中でもっとも大きなインパクトを持っているのは「メディア(SNS含む)」「Eコマース」「決済」の三つです。



1. FacebookのMAU(月間アクティブユーザー数)

まず、重要だと思うのは『Facebook』のユーザー数です。

Facebookが上場したのは2012年Q2のことで、当時のMAUは9億5500万人でした。

そこから5年が経ち、2倍を超える規模の21億2900万人に達しています。


割合ベースでも見てみましょう。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

ストック売上が全体の8割超!日本初のネット企業「インターネットイニシアティブ」

今回は国内で初めてインターネットの商用接続サービスを開始した「インターネットイニシアティブ(IIJ)」について見ていきたいと思います。

ZOZOTOWN並みにテイクレートが高い!世界最大のラグジュアリーEC「Farfetch」がNYSEに上場

ロンドンを本拠地とするラグジュアリー・Eコマースサイト「Farfetch(ファーフェッチ)」がニューヨーク証券取引所に新規上場することが発表されました。