【保存版】FacebookからZOZOTOWNまで!押さえておきたいインターネット企業の重要KPI11選

Zホールディングス

たまにはこういうまとめも良いのではないかということで、今回は「インターネット企業の重要な事業KPI」を集めてみたいと思います。

何を持って「重要」とするかは難しいですが、独断と偏見によると、現在のインターネット企業の中でもっとも大きなインパクトを持っているのは「メディア(SNS含む)」「Eコマース」「決済」の三つです。



1. FacebookのMAU(月間アクティブユーザー数)

まず、重要だと思うのは『Facebook』のユーザー数です。

Facebookが上場したのは2012年Q2のことで、当時のMAUは9億5500万人でした。

そこから5年が経ち、2倍を超える規模の21億2900万人に達しています。


割合ベースでも見てみましょう。


2011年Q2までは、欧米だけで全体の50%以上を占めていましたが、現在は30%弱にまで比率が低下。

アジア太平洋地域が39%と、全体で最もユーザー数の大きな地域となっています。

「その他(Rest of World)」も32.5%と、欧米よりもユーザー数が大きくなっています。



2. WeChat(Weixin)のMAU

Facebookの次は、中国最大のSNSである『WeChat』です。

こちらは年次ベースの粗い数字にはなってしまいますが、圧巻です。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回30日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン