1758年創業の「岡田屋」が発祥!業績拡大もFCFはマイナス、借入金を増やし続けるイオングループ

今回は、日本の小売業の中で最大手の地位に君臨する「イオングループ」についてまとめてみたいと思います。

参考

イオンの起源は340年前、1758年に岡田惣左衛門氏が三重で創業した日用品店「岡田屋」です。

1969年に「ジャスコ」となったのち、1989年に「イオングループ」にグループ名称を変更。


インターネット通販の普及や業態の変化により、日本国内でも明暗が大きく分かれている小売業界ですが、イオングループは業績拡大を続けています。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

海外に400店舗を展開!「イオンファンタジー」2019年2月期本決算

海外に400店舗を展開!「イオンファンタジー」2019年2月期本決算

注目企業

クレーンゲームやメダルゲームなどのアミューズメント事業を展開する「イオンファンタジー」(証券コード:4343)が決算を発表しました。

少子化にも関わらず市場が拡大!高価格化が進む「ランドセル」市場まとめ

少子化にも関わらず市場が拡大!高価格化が進む「ランドセル」市場まとめ

ニュース図解

世間は新元号の決定で盛り上がっていますが、4月は入学シーズンでもあります。この季節は真新しいランドセルを背負った新入生の姿をイメージする方も多いかもしれません。

しかし少子化が進むにつれ、小学校へ入学するピカピカの1年生は減少の一途をたどっています。

スーパーマーケットからディスカウント店まで!アメリカの主要な小売チェーン17社の売上を比較

ニュース図解

今回は、アメリカの大手小売チェーンの売上についてまとめてみたいと思います。

一口に小売と言っても、デパートやディスカウントストア、飲食チェーンなど幅広いジャンルがあります。