日本の時計産業を牽引してきた「SEIKO」の歴史と、現在の事業の状況

今回は高級時計ブランド「SEIKO」を有する「セイコーホールディングス」を紹介します。

創業は1881年のことで、当初は輸入時計の販売・修理を行う「服部時計店」として始まりました。

1892年には「精工舎」を設立し、掛け時計の生産に着手したほか、1895年には懐中時計、1899年には目覚置時計も発売。

そして、1913年に国産初の腕時計「ローレル」を発売します。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン