スマートロック「Akerun」を展開するフォトシンスが東証マザーズ上場へ

スマートロック「Akerun」を展開するフォトシンスが東証マザーズ上場へ

IPO 関連資料

スマートロック「Akerun」を展開するフォトシンス(Photosynth)が9月30日、東証マザーズへの新規上場を承認された。上場日は11月5日を予定している。

フォトシンスは、2014年の創業時点から注目を集めるベンチャーだった。ガイアックス出身の河瀬航大氏が中心となり、プロダクトを完成させると日経新聞やTechCrunchが一斉にとりあげ大反響を獲得。

経産省所轄の「NEDO」によるスタートアップイノベータープログラムでは第一号となる卒業企業に。2015年9月には4.5億円の資金を集めるなど、当時としては大きな金額を集めていた。

今回の記事では、フォトシンスがどのような事業を作り上げたのか、公表された申請書類をもとに紐解く。その上で、「スマートロック」という事業にどのような可能性があるかを考えたい。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

プレミアム会員に登録
または
ログイン
連載シリーズ (全21回)

2021年国内新規上場

Ke aas7xfuzw2fh9tpnn7a
スマートロック「Akerun」を展開するフォトシンスが東証マザーズ上場へ
Ke aas7xfuzw2fh9tpnn7a