Courseraより売上の大きい「Udemy」が上場へ:独自の事業モデルに迫る

Courseraより売上の大きい「Udemy」が上場へ:独自の事業モデルに迫る

IPO

オンライン学習サービス「Udemy」が近くNASDAQに上場する。今年前半に上場した「Coursera」と並び、何千万人ものユーザーを抱える世界有数のプラットフォームである。

一方で異なるのが事業モデルだ。

Courseraは大学発のプラットフォームだけあって、スタンフォードなど一流大学の講師がプロデュースする高品質な内容が特徴。一方のUdemyは教職以外の人も投稿できる、マーケットプレイス型のプラットフォームだ。

一見するとCourseraの方が強そうだが、グラフに示した通り売上規模はUdemyの方が大きい。さらに直近では、法人向けソリューションが急角度で伸び続けている。

Udemyはどのように生まれ、どのような強みを持っているのだろうか。今回の記事では、その創業ストーリーから事業モデル、成長戦略までを紐解く。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

プレミアム会員に登録
または
ログイン
連載シリーズ (全42回)

2021年海外の注目IPO

F0fkve0dpmy55q4chpkqcg
Courseraより売上の大きい「Udemy」が上場へ:独自の事業モデルに迫る
F0fkve0dpmy55q4chpkqcg