売上高2兆円企業でも営業利益はたったの200億円!複写機大手「リコー」で何が起きているのか?

リコーと言えばコピー機(複写機)メーカーとして有名で、売上高は2兆円にも及ぶ、日本を代表する大企業です。

ただ、利益はどうかというとなんと18/3期の営業利益は200億円の見通しです。

営業利益率は1.0%と風が吹けば飛んでしまいそうな利益水準。

一体何が起きているのでしょうか?

1.主要業績の推移

業績の推移を見てみましょう。

続きを読むには

こちらの記事は現在、「1記事無料」キャンペーン対象です。
無料ニュースレターにご登録後、ログインすれば1記事までお読みいただけます。