ディズニー1Q決算:有料会員は1.46億人、欧州などで新ブランドも展開へ

ディズニー1Q決算:有料会員は1.46億人、欧州などで新ブランドも展開へ

注目決算

2月11日、米ウォルトディズニー社が2020年10〜12月期決算を発表した。

売上高は前年比22%減の162億ドル。営業利益は4,600万ドルで、2四半期連続の赤字から回復した。

新型コロナによってディズニーの業績も大きな打撃を受けた。中でもパーク事業への影響は破壊的で、世界的な休業・営業時間の短縮を余儀なくされてきた。

損益を見る限り、危機的な状況は乗り越えたように見える。一方では動画ストリーミングサービス「Disney+」などにも注力するディズニー。足元どのような取り組みを進めているか、確認していこう。

リニアネットワーク事業が業績を支える

ディズニーは今期から報告セグメントを変更。メディア・エンターテインメント(DMED)部門とパーク・体験・製品(DPEP)部門の二つへと大きく分けた。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

プレミアム会員に登録
または
ログイン