Amazon Web Servicesはいかにして始まったか?

Amazon Web Servicesはいかにして始まったか?

特集

先日話題になった、Amazonジェフ・ベゾス氏のCEO退任発表。

退任は2021年3Q(7〜9月)ということでまだ先だが、にわかに注目が高まったのが次期CEOとして発表されたアンディ・ジャシーという人物だ。

後述するが、ジャシー氏はクラウドの専門家というより、ピュアな超古株メンバーだ。もちろん、AWS成長の立役者なのも事実である。

あまり知られていないことだが、AWSを(ゼロから)生み出したのはAmazonの幹部ではない。最初の草案は、一人の現場社員に過ぎなかったベンジャミン・ブラックという技術者が考案したと言われる。

AWSのトップを長年務めたアンディ・ジャシー氏を次期CEOに据えるというのは、「クラウドを今以上に重視する」という市場に対する大きなメッセージにも聞こえる。

となれば、その成り立ちについて気になろうというもの。今回は、AWSの立ち上げがどのようにして行われたか次期CEOアンディ・ジャシーとは何者かについてご紹介したい。

発案者の一人は現場エンジニア

ベンジャミン・ブラック氏がAmazonにネットワークエンジニアとして入社したのは2002年のこと。

続きを読むには

こちらの記事は現在、「1記事無料」キャンペーン対象です。
無料ニュースレターにご登録後、ログインすれば1記事までお読みいただけます。