Peloton 4Q決算:需要急増も供給逼迫、申し訳なさそうなCEO

Peloton 4Q決算:需要急増も供給逼迫、申し訳なさそうなCEO

注目決算

コネクテッドフィットネス製品を展開するPeloton Interactiveが2月4日、2020年10〜12月期(2Q)決算を発表した。

売上高は前年比128%増の10.7億ドル、営業利益は5,880万ドル。急激な売上成長を続けながら、3四半期連続で営業黒字となった。

代表製品である『Peloton Bike』はタブレット付きの高級品で、一台2,000ドル前後もする。2020年はコロナ禍でフィットネスジムが閉鎖され、成長が大幅に加速した。

一方、新型コロナが収束すれば需要の反動減も起こりうる。経営陣は状況をどう見ているのだろうか。直近の決算発表について確認しよう。

マーケティング抑えても売上倍増

足元の売上増は年末ホリデーシーズンにおいて製品販売が急増したことを反映している。

続きを読むには

こちらの記事は現在、「1記事無料」キャンペーン対象です。
無料ニュースレターにご登録後、ログインすれば1記事までお読みいただけます。