弁護士ドットコム3Q決算:クラウドサイン続伸、来年売上も「倍増」見通す

弁護士ドットコム3Q決算:クラウドサイン続伸、来年売上も「倍増」見通す

注目決算 関連資料

1月25日、弁護士ドットコムが2020年4〜12月期決算を発表した。

10〜12月における売上高は13.7億円(前年比29%増)と加速基調が続く。営業利益は同じく1.1億円という結果だった。

足元で減益にはなっているが、電子契約『クラウドサイン』を中心とした成長が続いている。弁護士ドットコムの動向について、決算報告をもとに確認していこう。

弁護士ドットコム事業:キャリア売上減

まずは中核の弁護士ドットコム事業だ。成長鈍化しつつも、これまでキレイな右肩上がりが続いてきたが、足元では前四半期比で減収に転じた。

続きを読むには

こちらの記事は現在、「1記事無料」キャンペーン対象です。
無料ニュースレターにご登録後、ログインすれば1記事までお読みいただけます。