Ocado特集(後編)倉庫自動化ソリューションの「外販」に至った理由

Ocado特集(後編)倉庫自動化ソリューションの「外販」に至った理由

特集

前回の続き)

ゴールドマンサックス出身の起業家、ティム・スタイナーらが立ち上げた英国のオンライン食料品スーパー「Ocado」。

Ocadoは巨大倉庫に商品をまとめ、スポークと呼ばれる中継拠点を設けて独自の物流ネットワークを構築。注文から配送に至るプロセスを可能な限り自動化することでオペレーションを効率化した

2010年にはロンドン市場に上場、さらなる成長を目指していくのであった。

大きく成長したが既存企業には勝てず

この頃、Ocadoはプライベートブランド品の販売も開始する。現在ではハムや卵、野菜や果物など、あらゆる商品がOcadoブランドとして購入できる。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

プレミアム会員に登録
または
ログイン