FedEx決算:Eコマース特需で加速続く、今後はワクチン配送も焦点に

FedEx決算:Eコマース特需で加速続く、今後はワクチン配送も焦点に

決算まとめ

米国の運送サービス「FedEx」が12月17日、2020年9〜11月期決算を発表した。

売上高は前年比19%増の206億ドル。営業利益は同じく164%増の15億ドルと、追い風が続いている。

FedExの業績を後押ししているのは、2020年のパンデミック下で急増したEコマース需要である。足元がどういう状況にあるのか、決算報告の内容を紐解いてみよう。

Express事業:アジア向けを中心に復調

まずは、全体の状況について大枠を確認しよう。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

プレミアム会員に登録
または
ログイン