株価高騰中の米国企業「デジタルタービン」が面白い!その事業モデルに迫る

株価高騰中の米国企業「デジタルタービン」が面白い!その事業モデルに迫る

注目企業

今朝のニュースレターでお伝えした通り、米Zoomの株価は年初から6倍近くに伸びた。

しかし、それは順位では2番目。唯一上回ったのが「デジタルタービン(Digital Turbine)」という会社だ。

業績推移を見るだけでも、その勢いが分かる。買収もあったとはいえ、コア事業の売上だけでも前年比50%増。営業利益も前年比4倍近くに急増した。

デジタルタービンが展開するのは、どんな事業モデルなのだろう。今年2月に買収した「Mobile Posse」とはどんな会社なのだろうか?

何より、無名のこの会社はどこからやってきて、どこに向かおうとしているのだろうか?一つ一つについて、決算資料を中心に紐解いていこう。

2018年以降、業績が急加速

デジタルタービンの沿革はやや複雑だ。ルーツは1998年創業の「eB2B Commerce」という会社にある。

続きを読むには

こちらの記事は現在、「1記事無料」キャンペーン対象です。
無料ニュースレターにご登録後、ログインすれば1記事までお読みいただけます。