中国版GoogleことBaiduの業績推移

Baiduは中国北京に本社をおくテクノロジー企業。2000年1月にケイマン諸島で登記されたらしい。タックス・ヘイブンかよ。。

その後、2005年8月にNASDAQに上場。中国最大のインターネット検索サービスBaidu.comを提供している。

彼らのビジネスは「検索サービス」、「トランザクションサービス」「iQiyi」の大きく3つのセグメントからなる。検索サービスは、ユーザーがインターネット検索したところに広告を見せる、というGoogleと同じ形式で、トランザクションサービスは「Baidu Nuomi」「Baidu Takeout Delivery」「Baidu Maps」「Baidu Connect」「Baidu Wallet」などが含まれる。課金サービスということかな。

「iQiyi」は映画、テレビシリーズ、アニメなどおライセンスを含むビデオプラットフォーム。Netflix的なやつかな。

全体の業績推移

売上高はかなりの勢いで伸びている。2011年から2015年までで4倍以上の伸び。。

恐ろしいな。2015年度の売上を米ドルでいうと102億ドル。日本円だと1兆円程度か。

Googleの売上高が7兆円程度だということを考えると、それには及ばないという規模ではある。


企業価値分析

続いて、Baiduの企業価値をDCFによって試算してみます。

まずは過去のキャッシュフローを調べます。

生み出されるフリーキャッシュフローは年々増加し、2013年から100億元(1636億円)を越えています。

ただ、成長性には若干陰りが見えます。そのため、今後5年間のキャッシュフローを2016年と同じ118億元、永久成長率を3%として試算してみます。

2018 2019 2020 2021 2022
予測FCF 118億 118億 118億 118億 118億
現在価値 106億9552万 96億9441万9328 87億8702万1679 79億6455万6450 72億1907万3966
有利子負債額421億4496万 有利子負債コスト0.0238 実効税率0.4
株主資本時価5229億2400万 株主資本コスト0.1 WACC
0.0936
永久成長率0.03 継続価値
1911億062万8930
企業価値
2354億6122万353

結果は2354億元となり、現在価値の5229億元(764億ドル)からは大きく下がってしまいます。