Peloton 3Q決算:売上高は計画超え、夏の行楽シーズン再開下の動向に注目

Peloton 3Q決算:売上高は計画超え、夏の行楽シーズン再開下の動向に注目

注目決算

Pelotonが5月6日、2021年1〜3月期決算を発表。前年からの急成長が続き、売上高は前年比141%増の12.6億ドルに達した。

彼らが提供するのは、タブレット付きのフィットネスバイクやトレッドミル製品。「コネクテッドフィットネス」と称し、製品販売と月額課金のハイブリッドモデルで事業を展開する。

2020年には巣ごもりで急成長に拍車がかかった。一方で直近は前年からの反動が懸念される上に、利用者の子どもに死亡事故が発生。一部製品のリコールを余儀なくされた。

大きな逆風が懸念される2021年、創業者であり今もCEOを務めるジョン・フォーリーは何を語ったのだろうか。今後の成長戦略とともに、Pelotonの動向について紐解いていこう。

リコール対応について謝罪

決算カンファレンスコールの冒頭、ジョン・フォーリーはトレッドミル製品で起こった事故について次のように語った。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

プレミアム会員に登録
または
ログイン