意外と知らない英国風パブ「HUB」の設立経緯と極めて保守的な経営方針

今回は英国風パブ「HUB」を展開する(株)ハブについて調べます。

始まりは1980年、ダイエー創業者の中内功氏がイギリスを訪問したときにさかのぼります。

中内氏は英国PUB文化に感動し、日本で広めたいとの想いからダイエーの100%子会社「ハブ」を設立。

1986年には旧ハブを解散し、キャプテンクックに事業を継承したのち、1989年には居酒屋事業者の「りきしゃまん」に営業譲渡。

1997年に「HUB池袋東口店」をオープンすると、現在のHUBの原型を確立します。

1998年には再び設立されたダイエーグループの新子会社「ハブ」に事業譲渡されます。

2002年に加ト吉グループ(現・テーブルマーク)の連結子会社になると、2006年には大阪ヘラクレスに株式を上場(のちにジャスダックに統合)。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン