Xiaomi 3Q決算:スマホ販売が前年比45%増!急転する中華スマホ業界の今

Xiaomi 3Q決算:スマホ販売が前年比45%増!急転する中華スマホ業界の今

決算まとめ

11月24日、中国のスマートフォンメーカー『シャオミ(Xiaomi)』が7〜9月期決算を発表した。

売上高は前年比34.5%増の721.6億元(≒1.1兆円)、営業利益は同じく115.1%増の67.0億元(≒1,062億円)とそれぞれ拡大した。

中国のスマホメーカーは2020年、大きな市場転換に直面している。中でも大きいのがファーウェイに吹いた急な向かい風だ

当然ながら、これは他の中華系メーカーにとってチャンスでもある。OppoやVivoなどの国内向けに強いメーカーは、それぞれ目標を引き上げた。

中国発でありながら、グローバルで躍進を続けるのがシャオミだ。今回は彼らがどんな事業戦略をしいているのか、決算報告の内容を中心に整理しよう。

海外中心にスマートフォン売上が急増

今回、シャオミが好決算を出した理由は明確だ。「スマホが売れたから」である。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

プレミアム会員に登録
または
ログイン