Webサイト作成ツール「Squarespace」新規上場へ:SMB特化で黒字継続

Webサイト作成ツール「Squarespace」新規上場へ:SMB特化で黒字継続

IPO

Webサイト作成ツールを提供する「Squarespace」が、近くニューヨーク証券取引所に上場する。

日本では(一時期の積極プロモーションもあって)イスラエル発の「Wix」が有名だが、Squarespaceの方が長い歴史を持っている。

設立は2003年、メリーランド大学の学生だったアンソニー・カサレナ(Anthony Sasalena)による創業だ。それから18年が経過し、ようやく上場することになった。

創業者のカサレナは、今もSquarespaceのCEOを務める。彼は一体どんな人物で、どのような成長をたどったのか。今回の記事では、その全貌について紐解きたい。

「自らの課題を解決するため」に創業

アンソニー・カサレナがSquarespaceを作った目的は、彼自身のためにより良いWebサイト作成ツールを必要としていたからだ。

2004年当時、Webサイトを作る方法の選択肢は今ほど豊富ではなかった。「GeoCities」「Blogger」といったツールはあったが、細かいところをカスタマイズしたいカサレナの性に合わない。

カサレナにとってWebサイトとは「その人の個性を反映する場所」であり、そのためのデザイン機能がどうしても必要だった。

続きを読むには

こちらの記事は現在、「1記事無料」キャンペーン対象です。
無料ニュースレターにご登録後、ログインすれば1記事までお読みいただけます。

連載シリーズ (全42回)

2021年海外の注目IPO

Ectwfrgzxol2n mxei2  q
Webサイト作成ツール「Squarespace」新規上場へ:SMB特化で黒字継続
Ectwfrgzxol2n mxei2  q