Robloxも新規上場へ:ユーザーの半分超が13歳以下!驚異のエコシステムに迫る

Robloxも新規上場へ:ユーザーの半分超が13歳以下!驚異のエコシステムに迫る

IPO 関連資料

国内外ともに上場ラッシュが続いている。11月19日に申請書類を開示したのが、ゲームプラットフォームの「Roblox」だ。

その業績は見事と言うほかない。売上高は2020年に入ってから急激に加速し、きれいな曲線を描いている。前年比91%増の2.4億ドルにのぼった。営業損失は限定的で、足元では0.5億ドル。

Robloxは、大人世代には分かりづらい会社の一つだ。ターゲット層は若いなんていうものではなく、ユーザーの54%が13歳未満のキッズたちである

子供を相手にしながらも、Robloxが巨大な売上をあげられるのは何故なのだろうか?上場申請書類の内容を中心に、今回も紐解いてみよう。

2D物理シミュレーションソフト開発が起点

公式の説明によれば、Robloxの歴史は1989年までさかのぼる。

創業者のデイビット・バシュッキ(David Baszucki)とエリック・キャセル(Erik Cassel)は2Dの物理シミュレーションソフト『Interactive Physics』を開発した。

この物理エンジンは、やがて世界中の学生によって使われるようになる。二台の車が衝突したらどうなるか、「壊せる」住宅を作ったり。若者の「創造性」を垣間見ることになった

これを同じことを、もっと大きなスケールで再現しようとしたのがRobloxだ。創業は2004年なので、会社としての歴史は15年を超える。

バシュッキは現在57歳。てっきりイケてる若いエンジニア起業家が作ったと思ったのだが、実際には大ベテランだった。

スタンフォード大学を卒業後、いくつものソフトウェア企業を渡り歩いた。Interactive Physicsを開発したのはKnowledge Revolution社に在籍していたときで、同社は1998年にMSCソフトウェア社によって買収された。

2017年、MAUは4,800万人に

Robloxは2004年に設立され、2006年9月にサービスを開始した。初めの頃に報道で話題になることはなく、子供達の間で密かに急成長させた。

続きを読むには

こちらの記事は現在、「1記事無料」キャンペーン対象です。
無料ニュースレターにご登録後、ログインすれば1記事までお読みいただけます。

連載シリーズ (全39回)

2021年海外の注目IPO

M8ngcys2cgd0xfg43sl3wq
Robloxも新規上場へ:ユーザーの半分超が13歳以下!驚異のエコシステムに迫る
M8ngcys2cgd0xfg43sl3wq