「Dropbox」通期決算:仕事のプラットフォーム化目指し大胆なリニューアル敢行

「Dropbox」通期決算:仕事のプラットフォーム化目指し大胆なリニューアル敢行

注目決算

オンラインストレージサービスを提供する「Dropbox」が通期決算を発表しました。

2019年4Qの売上高は4.46億ドル(前年比+19%)、営業損失は△660万ドル(前年同期は△1,200万ドル)と赤字も縮小。

グラフを見れば分かる通り、Dropboxの売上は右肩上がりに綺麗な成長を続けています。ARR(年次経常収益)は直近で18.2億ドルに到達。

一貫した事業成長の裏で、Dropboxは極めて面白い取り組みを進めています。今回はそのトピックスを中心に整理します。

サービスのリニューアルを敢行

Dropboxは2019年の6月、サービスの抜本的なリニューアルを敢行しました。

続きを読むには

こちらの記事は現在、「1記事無料」キャンペーン対象です。
無料ニュースレターにご登録後、ログインすれば1記事までお読みいただけます。