事業計画のお手本!極めて詳細なKPI目標を開示する「SHIFT」通期決算

事業計画のお手本!極めて詳細なKPI目標を開示する「SHIFT」通期決算

決算まとめ 関連資料

第三者ソフトウェアテストを主軸に展開する「SHIFT」が好調だ。10月8日に発表された通期決算では、最終損益が16.5億円(前年比69.9%増)のプラスだった。

売上高は287億1,200万円(同47%増)、営業利益は23億5,300万円(同52.8%増)。通期で大きな増収増益という結果になった。

一方、四半期ごとのトレンドはやや鈍化している。売上高は79.9億円で前年比36%増。営業利益も7.2億円と、前年比での増益率は4.3%に落ち着いた。

DX(デジタル・トランスフォーメーション)という言葉の注目度が高まる中、SHIFTは新興ITベンダーの筆頭格として急成長を続けてきた。市場環境が変動する中でも、SHIFTへの期待は高まり続けている。

SHIFTの株価は2020年3月には一時軟調だったが、その後は再び拡大に転じ、この一年での株価伸び率は3倍を上回った。時価総額は2,856億円にも達し、3,000億円の大台に迫ろうとしている。

かねてより注目度の高かったSHIFTは、かなり詳細なKPI予実を開示することでも知られる。詳しく見ていくと、他の成長企業が事業計画を立てるときにも参考になる

来期以降はどういった方針を取るのか、足元の動向とともに決算報告の内容を紐解いていこう。

単価はやや頭打ち、顧客数が続伸

SHIFTにとって2020年8月期は、売上高300億円へ向けた成長戦略「SHIFT300」における最終年度だった。

この中で、SHIFTは「アカウント(顧客)」「サービス(高付加価値化)」「組織(人事や経営基盤)」などについて成長に向けたアクションを実行した。まずはその成果を見てみよう。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン