FedEx 1Q決算:EC特需で加速、株価は2.5倍に 今後はワクチン配送も?

FedEx 1Q決算:EC特需で加速、株価は2.5倍に 今後はワクチン配送も?

決算まとめ 関連資料

アメリカの米物流企業「FedEx」が9月15日に発表した2020年5〜8月期決算は、最終損益が12.5億ドルの黒字だった。

売上高は193億ドルで前年比13.5%の拡大、営業利益は15.9億ドルで同じく62%もの増益となった。COVID-19拡大によってEコマースの需要が高騰し、物流業界にも一部で恩恵が出ている。

アメリカで今何が起こっているかは日本にいては分からないため、決算資料に現れるデータは重要な資料の一つだ。FedExの決算資料から、米国の物流に起こっている変化を紐解いてみよう。

コア事業の「Express」「Ground」が加速

決算数値を見ていく前に、まずはFedExのビジネスについておさらいしておこう。一口に「物流」と言っても色々あるが、FedExの事業は大きく3つの部門から構成されている。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン