ツクルバ決算:コロナ向かい風もユーザー数は堅調、PF化への投資を加速

ツクルバ決算:コロナ向かい風もユーザー数は堅調、PF化への投資を加速

決算まとめ

ツクルバが9月14日に発表した2020年7月期通期決算は、最終損益が4億3,000万円の赤字だった。

売上高は17億1,800万円で前年比13.4%の増収。営業利益は1億5,000万円の赤字だった。3月より本格化した新型コロナウイルスの影響を大きく受けた。

四半期ごとの推移を見てもコロナ禍による影響は色濃い。2020年5〜7月の3か月間における売上高は2億8,200万円(前年比34.3%減)、営業損失は1億1,700万円にのぼった。

厳しい事業環境でもメイン事業「カウカモ」はユーザー数を着実に積み上げた。丸井グループとの資本業務提携や外部エージェントモデルによる更なるプラットフォーム化など、新たな取り組みも本格化している。

4月より影響本格化、6月以降は回復

カウカモ事業においてまず重要な指標となるのが、GMV(流通総額)とユーザー利用数などのトレンドだ。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン