Sumo Logicが新規上場へ:2,000社超が利用するDevSecOpsプラットフォーム

Sumo Logicが新規上場へ:2,000社超が利用するDevSecOpsプラットフォーム

IPO

2,000社以上が利用するDevSecOpsプラットフォーム「Sumo Logic」の新規上場申請書類(Form S-1)が8月21日に公表された。

2020年2〜4月期における売上高は4,720万ドルで前年比45%の拡大だ。営業損失は2,346万ドルのマイナスと赤字が続いている。

赤字は大きいが、売上は着実に積み上がっている。新たな上場SaaSとなるSumo Logicとはどのような会社なのか、上場申請書類の内容を紐解いていこう。

そもそもDevOpsとは

Sumo Logicはリアルタイムでのクラウド監視やトラブルシューティングが可能なDevSecOpsプラットフォームだ。

DevSecOpsとは「DevOps」にセキュリティを統合した概念で、DevOpsは開発と運用をスムーズに進めるためのプラクティスである。

ソフトウェアの世界において、開発と運用は作業的にはそれぞれ別の仕事だ。しかし、現代のソフトウェアは継続的に改善していくことが前提であり、両者のプロセスをうまく連携する必要がある。

そこで、開発したらテストを走らせてデプロイ(公開)するまでを自動化するなどといった需要が拡大。範囲はこれにとどまらないが、これがDevOpsの大まかな背景だ。

セキュリティを加えた「DevSecOps」

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン