【週刊】海外テックニュース6選:eBayがクラシファイド事業を92億ドルで売却他

【週刊】海外テックニュース6選:eBayがクラシファイド事業を92億ドルで売却他

スタートアップ

今週は6つの海外テックニュースをピックアップします。

一つ目は、老舗マーケットプレイス「eBay」によるクラシファイド事業の売却について。売却先となったのは、ノルウェーのEコマース企業「Adevinta」。

Adevintaは欧州、中南米、アフリカ北部など15の国でオンライン・マーケットプレイスを運営するグローバルEC企業。累計のサイト訪問者数は月間15億にものぼります。

展開するサービスは、中古車売買のP2Pマーケットプレイス『PayCar』、バケーションレンタル『Locasun』など。日本では知られていないサービスばかりです。

Q2 2020 Results

自動車や旅行などリアルコンテンツが多いこともあり、足元の業績は軟調。ロックダウンによる影響を大きく受けています。ブルームバーグによると、Adevintaの時価総額は931億クローネ(≒1.08兆円)。

そのAdevintaがeBayのクラシファイドサービスをいくらで買収するかというと、なんと92億ドル。約9,700億円ですから、ほとんど同じ規模での買収です。

買収は、25億ドルの現金とAdevinta株式5.4億株で行われ、これによってeBayはAdevintaの44%を保有、議決権ベースで33.3%を獲得することとなります。

eBayのクラシファイド事業は1Qの売上が2.48億ドル(前年比3%減)と、COVID-19拡大によるダメージを明確に受けていました。

発表資料では、この再編によって今後3年内に年間1.5-1.85億ドルのシナジーを創出できると説明。Adevintaはクラシファイド事業者として世界最大規模のプレイヤーとなります。

参考:Adevinta to Acquire eBay Classifieds Group to Create the World's Largest Online Classifieds Company

チリの人工肉メーカー、2.5億ドル規模に

続いては、植物由来の人工肉などを製造するチリ企業「The Not Company」の話題です。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン