BOX 2Q決算発表・売上28%増・赤字は若干増加・CEO曰く「最強の四半期決算」

クラウドコンテンツ管理のBOXの2Qの決算が発表されました。

今期の決算について、BOXのCEOのAaron Levieは、「one of our strongest quarters from momentum and innovation」と言っていました。


ここでまず、売上と税引前利益を見て見ましょう。

売上は1億2294万ドル(前年同期比28%増)、営業損失は3900万ドル(前年同期比2%増)となっています。




次にKPIを見て見ます。

顧客数は76,000社(前年同期比10,000社増)、そのうちのFortune 500に選ばれている企業のうちの65%(前年同期比5%増)となっています。

Churnは3.5%(前年同期比0.5%増)で、Retention Rateは113%(前年同期比2%減)となっています。


最後に、BOXが重要視しているFree Cash Flowについて見て見ます。

Free Cash Flowは、1471万ドルの赤字になっていますが、Aaron LevieはTechCrunchに対して、通年では黒字になると言っています。


近々IPOするとされているDropboxにどう影響を与えるか。

楽しみです。