Twitter 2Q決算:ユーザー数加速も広告需要が急減、広告機能の強化を進める

Twitter 2Q決算:ユーザー数加速も広告需要が急減、広告機能の強化を進める

決算まとめ 関連資料

我らがTwitter社が2020年2Q決算を発表しました。

2020年4-6月における売上高は6億8,344万ドル(前年比19%減)、営業損益は1億2,393万ドルの赤字。減収・赤字拡大となりました。

言うまでもなく、Twitterの業績悪化にはCOVID-19危機に伴う広告需要の低迷が関係しています。CEOのジャック・ドーシーはこの難局をどう乗り切るつもりなのでしょうか?

決算報告の内容について、確認していきましょう。

外部環境の追い風でユーザー数は急加速

まず確認したいのは、Twitterを利用するユーザー数などのトレンドです。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン