ツクルバ3Q決算:内見減などで足元向かい風も、会員MAUは引き続き成長

ツクルバ3Q決算:内見減などで足元向かい風も、会員MAUは引き続き成長

決算まとめ 関連資料

リノベ住宅のマーケットプレイスを手掛ける「ツクルバ」が3Q決算を発表しました。

売上高は14億3,600万円(前年比+32.3%)、営業損失▲3,200万円。売上拡大が続いています。

足元のコロナ禍は、少なくとも短期的にはツクルバにとって向かい風となりました。外出自粛要請により、外出を伴う事業については一部営業停止を余儀なくされました。

その一方、より売上の先行指標となる会員MAUは堅調に推移。住宅領域においては、中長期的にはリモート化の加速というポジティブ面も考えられます。

足元でのツクルバがどのような状況にあるか、決算報告の内容を整理しましょう。

会員MAU続伸も、GMVが伸び悩む

まずはメイン事業「cowcamo」における主たる事業KPIの動向です。

プラットフォームとしてのユーザー母数を表す会員数は継続的に拡大し、16.5万人(前年比+83%)となりました。

そのうち、実際にアクティブに使っているMAU(月間アクティブユーザー)は4.4万人(前年比+57.1%)。どちらも堅調に伸びています。

そして、ダイレクトなマネタイズ指標ともいえるGMV(取扱総額)は43.9億円。前年比で▲28%と、急ブレーキがかかっています。

下がっているのは「会員MAUあたりのGMV」。計算してみると10万円で、前年同期から半分以下となっています。(注:GMVを会員MAUで割って単純計算)

会員MAUあたりの売上総利益も2万円(3Q累計)となり、前年同期から▲17%の減少となりました。こちらも3ヶ月ベースだともう少し大きな減少となっており、0.52万円(前年比▲45.7%)となりました。

この結果、ツクルバ全体の売上高(3ヶ月間)は4.4億円となり前年比+18.4%に。売上総利益についても2.57億円と、同じく▲8.9%のマイナスとなりました。

今起こっていることを端的に表すと、「cowcamoに関心を示しているユーザー数は引き続き増えているものの、実際に物件を購入する人が減っている」という状況。

売上計上は少し遅れてやってくるため、業績の底は今3Qではなく、4Q(6-7月)にやってくる見通し。

減速大きく売上予想を約▲22%削減

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン