Netflix 2Q決算:会員数加速も純増数は減速、下期は自粛特需の反動で減速へ

Netflix 2Q決算:会員数加速も純増数は減速、下期は自粛特需の反動で減速へ

注目企業 関連資料

動画ストリーミングサービスを展開する「Netflix(ネットフリックス)」が2020年12月期2Q決算を発表しました。

業績推移をみると、四半期の売上高が61億4,829万ドル(前年比24.9%増)。右肩上がりの成長が続いています。増収率はここ1年、若干の減速トレンド。

それに対し、著しいのが収益性の向上です。営業利益は13億5,793万ドル(前年比92.2%増)にものぼりました。営業利益率は22.1%となり、1年前の14.3%からさらに7.8ポイントも上昇しています。

ところが、足元の株価は時間外で一時10%以上もの急落に。

業績好調のNetflixではありますが、3月以降は「巣篭もり」特需による期待感もあって株価が80%前後も値上がり。さすがに加熱しすぎている感はありました。

今後のNetflixはどんな方向に向かっていくのでしょうか。足元の動向と合わせて、決算報告の内容をしっかりチェックします。

有料会員の純増数は1Qに比べ減少

まず確認したいのは、Netflixを利用する有料会員数のトレンドです。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン