【週刊】海外スタートアップニュース5選:米巨大ITがインド通信キャリアに食指

【週刊】海外スタートアップニュース5選:米巨大ITがインド通信キャリアに食指

スタートアップ

観測している限り、いよいよ海外スタートアップの大型資金調達も減ってきたような印象。

上場株式市況は上がり続けていますが、経済はどう考えても悪化していますから、このギャップがどう埋まるのか注視しておきたいところ。

今回は資金調達だけではなく、大型のM&A案件も取り上げます。まずは、自動車業界の超大型調達から。

『Argo AI』が26億ドルを調達

かねてより報道されていた、フォルクスワーゲングループによる『Argo AI』への投資が完了しました。その金額、なんと26億ドル。

Argo AIは2016年に創業した自動運転技術の開発ベンチャー。創業メンバーはGoogleやUberで自動運転技術の開発に携わった人物で、当初から注目を集めます。

2017年にはフォードが5年かけて10億ドルを出資することを発表。評価額は70億ドル以上にものぼりました。

そして2019年1月、フォードはフォルクスワーゲンとの包括提携で合意。小型商用車を相互供給して2022年に世界で発売するほか、電気自動車(EV)や自動運転技術の開発でも連携する方針を示しました。

同年7月には協力の範囲を拡大し、『Argo AI』への共同出資もこの時点で示されています。Argo AIの従業員数は1,000人超え。協働によって、研究開発などの負担を分割することになります。

Amazonによるインド企業への出資

Amazonが、インド市場への展開を本格化させています。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン