弁護士ドットコム決算:リモート追い風でクラウドサイン加速、大きな勝負時へ

弁護士ドットコム決算:リモート追い風でクラウドサイン加速、大きな勝負時へ

決算まとめ 関連資料

弁護士ドットコムが大きな勝負所に直面しています。

通期決算によると、売上高は41億3,200万円(前年比+31.9%)、営業利益は3億9,200万円(同△23.0%)。増収減益となりました。

売上構成を見ると、「弁護士マーケティング支援」が21.1億円。右肩上がりの拡大を続けています。

そして、足元で成長を牽引しているのが「クラウドサイン」。成長率は少し緩やかになってはいますが、引き続き高成長です。

リモートワークが前提となったとき、一番のハードルとも言えるのが「契約周り」の問題。そうした背景により、足元の状況はクラウドサインにとって大きな追い風となっているようです。

今後の弁護士ドットコムがどんな取り組みを進めていくのか、決算報告の内容を整理してみましょう。

アクセス減にともなって個人課金は続落

まずは、土台となる「弁護士ドットコム」事業の動向について確認します。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン