【週刊】スタートアップニュース5選:RobinhoodやN26の大型調達など

【週刊】スタートアップニュース5選:RobinhoodやN26の大型調達など

スタートアップ

今週はスタートアップ調達ニュースを5つピックアップしてお知らせします。

Robinhood:シリーズFで2.8億ドル調達

米国の株式投資アプリ「Robinhood」は新たに2.8億ドルを調達、評価額を83億ドルまで高めました。シリーズFのラウンドです。

ラウンドを率いたのは、既存投資家であるSequoia Capital。

2019年の前回調達時の評価額は76億ドルと報道され、それまでの拡大ペースと比べると幾分かスローダウンしている様子も指摘されています。 

マーケットのボラティリティが高まる中、Robinhoodは2020年のこれまでに300万人を超える入金済みアカウントを新たに獲得したと言います。そして、そのうち半分は投資未経験者。

ブルームバーグによると、2020年3月のRobinhoodの売上は6,000万ドルに登ったと言われています。前年比で3倍。月次の入金額は2019年4Qの10倍以上の水準になったという話も。

一方で、株価暴落時にはシステムが何度もダウンするなど、ネガティブな側面も報道されています。ユーザーにとっては「緊急時に取引できない」ことに直結しますから、今後の成長に影響を与えるかもしれない要素。

株式アプリは市場の急変時に取引が急増するのはどこも同じ。つい先日には競合の投資アプリ「Stash」がLendingTreeから1.12億ドルを調達。週次の入金額は倍増したと言われています。

参考:Robinhood Raises $280 Million in Series F Funding Led by Sequoia

Lime: 激動の中でUberと連携

電動スクーターで注目された「Lime」は、Uberからの資金調達を発表しました。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン