任天堂が好調なので、主要ハードの販売台数などを比較してみる

任天堂が好調なので、主要ハードの販売台数などを比較してみる

決算まとめ 関連資料

日本を代表するゲームメーカー「任天堂」が好調です。

売上高は1兆3,085億円(前年比+9.0%)、営業利益は3,524億円(同+41.1%)。2年連続で+40%を超える大幅な増益となりました。

売上構成をみると、『Nintendo Switch』関連が売上1.2兆円。全体の90%もの割合を占めています。

世界中で「自宅待機」の流れが広がる中、ゲーム領域は急速な追い風を受けています。先日発表されたVisa決算によると、4月のゲーム消費は前年比+200%と爆発的な増加。

こうした状況下において、任天堂にはどのような影響があったのか。今回決算の内容を整理していきましょう。

『Wii』『DS』に並ぶヒットになるか?

まず確認したいのは、売上の9割を占める『Nintendo Switch』関連事業の動向です。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン