Square 1Q決算:3月終週はGPV半減、給付金受取でCashアプリは加速

Square 1Q決算:3月終週はGPV半減、給付金受取でCashアプリは加速

決算まとめ

アメリカの決済プラットフォーム「Square」が1Q決算を発表しました。

売上高は13億8,111万ドル(前年比+44.0%)、営業損失は△9,029万ドル。増収は続いています。

売上構成を見ると、土台となる決済手数料売上が+15.4%の成長。定期課金サービスも+35.4%と成長しています。

爆発的に伸びているのがビットコイン売上で、3億610万ドル(前年比4.7倍)に。売上成長を牽引しています。

Squareがこれまでメインの対象としてきたのは中小のオフライン決済。COVID-19の流行は、彼らにとってはかなりの向かい風になるかもしれません。

一方でSquareは「Cash」アプリの成功により、決済端末「以外」の収益も成長させています。果たしてどういう状況にあるのか、決算報告の内容を整理してみます。

決済額は3月最終週、△46%もの激減

まず確認したいのは、メイン事業である決済端末事業(Seller Ecosystem)の状況です。

決済取扱額(GPV)の推移を見てみましょう。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン