Atlassian 3Q決算:顧客数堅調、危機的状況こそ積極的な経営へ

Atlassian 3Q決算:顧客数堅調、危機的状況こそ積極的な経営へ

決算まとめ

生産性ツールを提供するオーストラリア企業「Atlassian」が3Q決算を発表しました。

売上高は4億1,158万ドル(前年比33.1%)、営業損失は△1,192万ドル。増収を続けつつ、赤字額を縮小させています。

急変する状況下においても事業成長を実現しているAtlassian。リモートワークが普通になる世の中において、彼らが提供するクラウド型生産性ツールの需要はさらに高まっていくはず。

創業者であり、共同CEOも務めるマイク・キャノン・ブルックスとスコット・ファークワーは、創業からの20年近くで直面していた過去の荒波による経験を含め、いつもより長いメッセージを発表しています。

Atlassianが今後、どんな取り組みを進めていくのか。決算報告の内容を整理したいと思います。

顧客数は17.1万社を突破

まず確認したいのは、Atlassianが抱えるサービスの利用者数などの動向です。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン