エス・エム・エス決算:カイポケ加速、コロナ禍で売上影響△31億円を見込む

エス・エム・エス決算:カイポケ加速、コロナ禍で売上影響△31億円を見込む

決算まとめ

医療・介護分野で成長を続ける「エス・エム・エス」が通期決算を発表しました。

売上高は351億4,000万円(前年比+14.0%)、営業利益は49億3,500万円(同+4.1%)。増収増益ながら、計画していた売上375.57億円、営業利益56.23億円に対しては未達となりました。

売上構成を見ると、牽引しているのは以前と同様「介護キャリア」事業。売上100億円を超えています。

介護事業者向け事業も48.9億円(前年比+25%)と伸びています。

足元でエス・エム・エスがどんな取り組みを進めているのか。決算報告の内容を整理します。

キャリア事業:3月からコロナ影響が本格化

まずは、キャリア事業の売上推移を四半期ベースで見てみましょう。(前後の四半期データを引き算して算出)

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン