【米国IPO】ビッグデーターのリーダーClouderaが上場

IPO

概要

Clouderaはカリフォルニア州パロアルトに本社を置くビッグデータ分析企業です。2008年に設立され2017年4月にニューヨーク証券取引所に上場しました。Clouderaの事業はHadoop上で動くアプリケーションを企業へ販売しています。Hadoopはオープンソースのソフトウェアフレームワークで大量のデータを処理する事ができますが、利用するのが難しいため、Clouderaのようなな企業が使いやすいアプリケーションを作り、サポート管理を行います。ClouderaはHadoop以外のオープンソースにもサポート対応しているようです。

(画像: Cloudera HP)


業績
Clouderaの売上は2014年に$109M(約109億円)でしたが、2016年には$261M(約261億円)にまで成長しています。

(出所: Form S-1)


四半期毎のサブスクリプションのレベニューも着実に伸びている。


(出所: Form S-1)


投資家
ClouderaはIPO前にIntel、 Accel、 Greylock、Google Ventures、 Meritech, In-Q-Tel、 Ignition Partners、MSD Capitalなどのベンチャーキャピタルから累計で1000億円近くの資金を調達しています。上場前の持ち分は Accel (16.3%) 、Greylock (12.5%)、Intel(22.0%)でした。 


市場環境

Clouderaは(i) Dynamic Data Management Systems、(ii) Cognitive/AI Systems と Content Analytics Software、 (iii) Advanced and Predictive Analytics Softwareの市場を自分たちの事業領域と認識しており、IDCの調査によると2020年までにこの市場は6兆5000億規模になるとしています。


競業

HortonWorksやMapR、HP、IBM、Oracle、AWSなどを競業としています。


幹事証券会社: 

MORGAN STANLEY
J.P. MORGAN
ALLEN & COMPANY LLC
BofA MERRILL LYNCH
CITIGROUP
DEUTSCHE BANK SECURITIES
STIFEL
JMP SECURITIES
RAYMOND JAMES