「USEN-NEXT」決算:動画配信など好調もコロナ禍で計画据え置きへ

「USEN-NEXT」決算:動画配信など好調もコロナ禍で計画据え置きへ

注目決算

「USEN-NEXT HOLDINGS」が4月10日、2Q決算を発表しました。

上半期の売上高は953億3,000万円(前年比+14.1%)、営業利益は59億4,400万円(同+50.8%)。大幅な増益となっています。

売上構成を見ると、動画配信サービス『U-NEXT』を手掛けるコンテンツ配信が牽引。上半期だけで200億円を超えています。

その他のセグメントについても、前年比で軒並み増収となっており、好調です。

幅広い事業を展開するUSEN-NEXT HDがどんな状況にあるのか、決算報告の内容を整理してみたいと思います。

「U-NEXT」シェア拡大もNetflixとアマプラが上回る

まず確認したいのは、動画配信サービス『U-NEXT』の概況です。

続きを読むには

こちらの記事は現在、「1記事無料」キャンペーン対象です。
無料ニュースレターにご登録後、ログインすれば1記事までお読みいただけます。