【週刊】今週の海外スタートアップ調達5選

【週刊】今週の海外スタートアップ調達5選

スタートアップ

海外では今週も、数多くのスタートアップ企業が資金調達を公表しました。

米TechCrunchがリリースしただけでも40社。このところ毎週ウォッチしているのですが、この数自体は減っていません。(全体の母数がどうなっているかとはまた別ですが)

今回は先週とはフォーマットを変えて、特に注目するべき企業を5社ピックアップして説明するという形にしてみたいと思います。

「Stripe」評価額360億ドルで6億ドル調達

まずは決済プラットフォームを手掛ける「Stripe」です。

今回の資金調達はシリーズGの延長ラウンドで6億ドル。評価額は360億ドルにものぼります。

投資したのはAndreessen HorowitzやGeneral Catalyst、GV(GoogleのVC部門)、そしてSequoia。既存投資家が中心となっています。

COVID-19の流行によって、オフラインからオンライン決済へと決済の転換が加速。これまで数年単位で起こっていたのが、数週間単位に圧縮されたと説明しています。

こうした現象は、「インターネットのGDP拡大」をミッションに掲げるStripeの重要性をさらに裏付けるものとなっています。COVID-19流行が米国で始まって以降、Stripeを使いはじめた利用者の取扱高は間もなく10億ドルに達すると説明しています。

足元では、急成長中のビデオ会議SaaS「Zoom」がStripeの顧客になったことも発表。

Stripeは、現在20億ドルの現金を保有しているとのことで、十分なキャッシュポジションで今後の不透明な動向に対応、成長するための準備が万端となっています。

参考:Stripe extends Series G funding round

「Airwallex」シリーズDで1.6億ドル調達

続いては、国際送金などを手掛けるフィンテック企業「Airwallex」です。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン