「Sansan」3Q決算:大口牽引、イベント自粛で下方修正も株価+18%

「Sansan」3Q決算:大口牽引、イベント自粛で下方修正も株価+18%

注目企業

名刺管理サービスを手掛ける「Sansan」が3Q決算を発表しました。

3Q累計の売上高は96億7,100万円(前年比+31.4%)、営業利益は1億9,300万円。前四半期に続き、前年からの黒字転換を果たしています。

売上構成(四半期)を見ると、Sansan事業が31億4,000万円(前年比+28.6%)、Eight事業も2億3,500万円(同+39.6%)とともに拡大。

損益を見ても、Sansan事業が11億2,300万円(同+62.4%)と大幅な増益を続ける一方、Eight事業は赤字額を縮小しています。

経済の不透明感は増していますが、そんな中でSansanがどんな取り組みを進めているのか。決算報告の内容を整理したいと思います。

「Sansan」大口拡大で単価・契約数ともに続伸

まず確認したいのは、Sansan事業の事業KPIです。

続きを読むには

こちらの記事は現在、「1記事無料」キャンペーン対象です。
無料ニュースレターにご登録後、ログインすれば1記事までお読みいただけます。