「SHIFT」2Q決算:大口顧客拡大、景況感悪化に備え手元資金も潤沢

「SHIFT」2Q決算:大口顧客拡大、景況感悪化に備え手元資金も潤沢

注目決算 関連資料

ソフトウェアテストなどを手掛ける「SHIFT」が2Q決算を発表、足元好調です。

上半期の売上高は128億3,000万円(前年比+55.1%)、営業利益は12億4,200万円(+156.7%)。大幅な増収増益が続いています。

売上構成をみると、エンタープライズ市場向けとエンターテインメント市場向けがどちらも拡大しています。牽引しているのはエンタープライズ向けで、売上前年比+57%と急拡大が続いています。

世の中の景況感が大きく変化する中、SHIFTの足元の状況や、今後の展望などについて決算報告の内容を整理してみたいと思います。

10億円以上の顧客割合が拡大

まず確認したいのは、SHIFTの事業KPIの動向です。

続きを読むには

こちらの記事は現在、「1記事無料」キャンペーン対象です。
無料ニュースレターにご登録後、ログインすれば1記事までお読みいただけます。